キャンペーンは終了しました。

秋冬の水分補給、どうして大事なの?

空気が含むことのできる水蒸気量は気温によって変化します。気温が下がると空気が含むことのできる水分量が減るため、空気は乾きやすくなります。乾燥すると皮膚の表面や呼吸から体の水分が蒸発しやすくなり、汗をかいていなくても体の水分が失われていきます。気温が下がる季節はこのような気づきにくい乾燥に注意が必要です。自覚がないまま体の水分が失われてしまうため、喉の渇きを感じる前にこまめに水分補給をすることを心がけましょう。

ウェザーニュース 気象予報士:眞家泉
  • カラダは、けっこう乾燥している。ゴクゴク自然に、生きていく。爽健美茶